トップ  > Siドクターの4つの効果

お問い合わせ先

お問合わせ窓口 : 
宝種苗株式会社

〒 812-0888
福岡市博多区板付6丁目7-8

 

ケータイサイトQRコード

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

Siドクターの4つの効果


Siドクターには、植物の耐病・抑制効果を高めるケイ酸(SiO2)が40%以上配合されています。ケイ酸は、植物の葉・茎の毛じ(毛の基部)や果実のブルーム粉の成分としてよく知られています。


最近の研究でケイ酸が植物体内で可溶性の状態で在るときに病害抵抗性を誘導することが解明され、注目されています。特に『うどんこ病菌』での効果は高く、侵入した菌の周りに集積したケイ酸が菌糸の進展を抑制する効果が確認されています。


ケイ酸は単に表皮を強化し菌の侵入を阻止するだけではなく、抵抗性を高める重要な成分です。Siドクターを使用することで、植物の表皮を強固に丈夫にして病原菌などの侵入を阻止する効果と植物体内に多く含有することで、抵抗性・抵抗反応を促進させる効果の2つの効果を発揮します。


Siドクターの腐植酸には、大きく2つの効果があります。
 
養分を供給する効果
腐植酸には、チッソ・リン酸・カリ・鉄・イオウ・マンガン など微量要素を含んでいる肥料の側面もあり、その効果は穏やかに永く効き作物に害を与えません。又、植物の根が吸収出来ない肥料成分を分解し利用できる形に改善します。
 
土壌を改良する効果
腐植酸は、団粒構造を発達させ微生物の活動を活発にして、有益な微生物の種類や数も増やし、保水力・通気性を高めて植物の根を伸びやすく改善。保肥力が高まり、化学肥料を施したときに急激に肥料濃度が高まるのを防ぎます。


Caドクターとタカラコートと合わせて使うと
相乗効果が上がります!