トップ  > 農場日記  > 大黒堆肥を使った土壌消毒

お問い合わせ先

お問合わせ窓口 : 
宝種苗株式会社

〒 812-0888
福岡市博多区板付6丁目7-8

 

ケータイサイトQRコード

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

大黒堆肥を使った土壌消毒

先日、ハウス内の夏野菜の後片付けをし、
8月の1ヶ月間、大黒堆肥を使った土壌消毒を行います。

大黒堆肥と有機物を同時施用し
大黒堆肥に含まれる特殊菌が発酵熱を出しながら
有機物を分解することを利用した、太陽熱消毒です。
地温の上昇により雑草種子や、土壌中の菌が死滅します。
安心・安全の消毒法です!

準備するもの(10a当)
大黒堆肥(15㎏) 20~30袋
米ぬか(有機物) 100㎏

土壌消毒の方法
①大黒堆肥、米ぬかの施用後、1、2回耕します。

②水を前面にたっぷりかけ(1㎡当100L)、ビニールを被せます。
 (弊社では、畝を立てマルチをしました。)

③3週間以上期間をおき(ハウスは密閉します)、
 ビニールをはずし、2~3日温度を下げる期間を設け、
 そのまま播種、定植します。
 (弊社では、マルチをしたままにします。
  土壌消毒後に、うね立てしたりすると、効果が減少します。)

温度の高い夏場に行うとより高い効果が得られます。
最適な条件下では、発酵熱は60~80℃に達します。

昨年の夏も同様の土壌消毒を行い、今年は
トマトの立ち枯れ、メロンのつる割れの軽減ができました。
at 2012/08/10 08:01:29