トップ  > 農場日記  > 生姜の生育

お問い合わせ先

お問合わせ窓口 : 
宝種苗株式会社

〒 812-0888
福岡市博多区板付6丁目7-8

 

ケータイサイトQRコード

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

生姜の生育

弊社圃場での生姜の生育状況です。



写真の品種は全て「金時生姜」ですが、見てお分かりのように
生育状況が株によって全く違います。

その原因は下の写真でわかります。


写真の撮影日は9月2日現在のものですが、
8月末まではトマトとエンサイに囲まれていました。

生姜の特性として
「乾燥を嫌い、多湿を好み、土壌水分が不足すると肥大が止まる。
生育初期は日陰を好み、生育最盛期には多日照を必要とする。」
という特性があります。

トマト、エンサイによって半日陰状態となり、風を防げた株は順調に
生育し、唯一遮るものが何もなかった1株だけが順調に生育できなかったと考えられます。

生姜の生産者の方のなかには、背の高い牧草を生姜の周りに植えて
防風、遮光をしたり里芋と交互に植えて半日陰状態を作るなどの
工夫をされている方もいます。

弊社でも里芋と混植で試験栽培していますがこのような状況です。

写真右側は柿の木の下で日陰となっており1番生育が良く、
続いて写真左側の里芋と混植しているもの、
そして写真真ん中の日光、風を最も受けてしまう株があまり
生育状況がよくありません。

来春は、栽培する場所にも気を付けて栽培してみてください。
at 2012/09/07 13:15:26