トップ  > 農場日記  > プランター栽培

お問い合わせ先

お問合わせ窓口 : 
宝種苗株式会社

〒 812-0888
福岡市博多区板付6丁目7-8

 

ケータイサイトQRコード

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

プランター栽培

今回は、農場で試験的に行っている様々な栽培方法についてご紹介します!

☆プランター栽培
ハウス内にプランターを設置し、トマトのストレス栽培を行っています。


水やりは点滴灌水です。液肥ではなく弊社のタカラコートやCaドクターなどを施肥して
水のみで管理しています。

この方法なら、手軽にストレス栽培ができてしまいます。
しかも、大黒を使えば連作も可能!


続いては、今期から試験を始めるニューフェイスです!

☆ココバッグ栽培
ヤシの殻が原料の「ココピート」を詰めたバッグを培地に使う栽培方法です。

上の写真のバッグはしぼんだ状態ですが、上に空いた穴から給水して時間をおけば
ぐんぐん中のココピートがふくらみ、栽培の準備ができます。

私もふくらむ様子を見ていましたが、朝はペラペラで板のように硬かったものが
夕方にはフカフカの培地になっていて驚きました。

バッグ自体は安価。今期より実際に栽培試験を行っていきます。

4月になれば、ココバッグに植えた作物の状況もお伝えできるかと思います。
続報をお楽しみに!


☆底面給水型水耕栽培キット
バケツ程度の大きさのポットでミニトマトを育てています。

違うのは、ポットへの給水方法。
ジョウロで土に水やりをするのは土を水に慣らすための一度だけ。
あとは下に敷いたタンクに給水すれば、
ひも状の不織布をつたって下から潅水できるんです!
この方法だと植物が必要な分だけ不織布から水を吸い上げるため、
給水量の調整が不要なんです。

小さなスペースでミニトマトが育てられ、水の管理も空になった時タンクに
つぎたすだけで簡単。
トマト栽培ビギナーの方におすすめです。




 
at 2018/03/05 16:22:59