トップ  > 農場日記  > 2020年3月 玉葱苗の生育状況

お問い合わせ先

お問合わせ窓口 : 
宝種苗株式会社

〒 812-0888
福岡市博多区板付6丁目7-8

 

ケータイサイトQRコード

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

2020年3月 玉葱苗の生育状況

皆さん、こんにちは。
もうすぐ春ですね!
スイートコーンや人参などの春の種まきが始まりましたね!
まだ寒い日もあるので、霜よけ対策は欠かせません。
 
さて、今回は農場で玉葱苗を11月に定植した後、
今どうなっているのか紹介したいと思います!
 
まず、こちらの写真を見てください!
左と右の畝で生育の違いがあります。
 
次はそれぞれの畝の玉葱を近くで撮った写真です。
葉の色や玉の太り方が違います。
この違いは何だと思いますか?
 
 
 
違いは追肥をしているか、していないかです。
農場ではタカラコートロングタイプを元肥で使っています。
例年なら元肥のタカラコートだけで収穫までもちましたが、
今年は暖冬が原因で肥料抜けが早くなったようです。
肥料切れのストレスで、病気にかかるリスクが高くなります。
 
左の畝が私、右の畝は先輩社員が植え付けました。
私は追肥しなくていいと思っていました。
先輩社員は野菜を見ながら追肥が必要と気づいたようです。
経験の差が現れましたね。まだまだ勉強が必要です(笑)。
追肥をするかしないかで変化を実感でき、いい機会でした!
 
 
皆さんも作物の状態を見ながら、
肥料や追肥のタイミングに気を付けましょうね!
 
 
 
at 2020/03/23 15:46:38